当社が選ばれる3つの理由

1.地域に密着したコミュニケーション

 高知市に会社があり常日頃より地域を訪問しておりますのでお気軽にお声かけください。

 

2.自社完結できる水回りに強い施工能力

 弊社は高知トップクラスの浄化槽 設置・管理をさせていただいております。

 

3.継続的なアフターフォロー

 リフォームの完成・お引き渡しがお客様との「本当のお付き合いのはじまり」との想いで、まごころ込めてアフターフォローをさせていただいております。

 

バウハウスのご紹介

バウハウスについて

バウハウスとは、ドイツ・ヴァイマルに設立された、工芸・写真・デザインなどを含む美術と建築に関する総合的な教育を行った造形芸術学校の名前です。

 

1919年に開校され、ナチスによって1933年に閉校されました。つまり、わずか14年間しか存続しなかったが、講師達のアメリカなどへの亡命や卒業生の各地での活動により、教育システムやデザイン思想が世界へと伝播し発展。

 

現代におけるまでモダニズム建築に大きな影響を与えたと言われています。

 

初代校長で建築家のW・グロピウスは、「生活機能の総合場である『建築』のもと、彫刻・絵画・工芸などの諸芸術と職人的手工作など一切の造形活動を結集して、芸術と技術の再統一を図る」という教育理念のもと、新しい教育システムを実施しました。

 

四国浄管・住宅設備事業部は、この伝説的な学校・バウハウスにあやかり、丈夫で機能性に優れ、それでいて美しい商品を提案していくという意味を込め、2012年4月、四国浄管グループ・バウハウスへと改名しました。


バウハウスのロゴマークの由来

バウハウスのシンボルマークになっているこの不思議な三角形は、1950年代にイギリスの数学者、宇宙物理学・論理物理学者ロジャー・ペンローズが、不可能性の最も純粋な形として考案した『不可能図形・ペンローズの三角形』です。

 

 

これはトリックアート、だまし絵、錯視図形などと呼ばれる不思議な図形で、芸術家マウリッツ・エッシャーが不可能図形を多く扱い、その発想の一部となりました。

 

リサイクルマークの元にもなっているこの不可能図形 『ペンローズの三角形』 を、バウハウスのロゴマークとして採用。バウハウスが掲げるエコ事業を表現しました。

そしてなんと!この不思議なペンローズの三角形、錯視を利用すれば立体化が可能なんです!ご家庭でも作って遊べるよう、ペーパークラフトにしてみましたので、下記リンクから展開図をプリントし、この不思議なペーパークラフトを完成させてみてください。


会社概要

会社名 有限会社四国浄管
所在地

〒780-0084

高知県高知市南御座19-31

TEL

088-884-1319

FAX

088-884-1324

代表者

代表取締役 戸田 明

設立

昭和51年(1976年)5月24日

資本金

1000万円

従業員数

21人

業務内容

■住宅設備部

トイレリフォーム・住宅リフォーム・太陽光発電システム・IHクッキングヒーター・エコキュート・リフォーム・エクステリア

■土木工事業/管工事業/水道施設工事業

高知県知事 許可(般-25)第9664号

■水再生システム事業部 (浄化槽維持管理 点検・清掃・企画施工)

高知県浄化槽保守点検業者登録 高知県知事21 第034号

高知市浄化槽保守点検業者登録 高知市長21 第028号

浄化槽清掃業許可 高知市長 第008号

浄化槽工事事業者登録 高知県知事(届-25) 第527号

一般廃棄物処理業 高知市許可 収集車両5台

■上下水道事業部

高知市指定給水装置工事事業所 指定番号378

高知市排水設備工事指定業者 高知市第389号

■製品開発部

環境関連 ソーラーカーポート「ソ・ラ・ラ」

防災関連 災害救援槽「2ウェイ大地くん」

       中継し尿貯留槽(一時保管中間槽)「中継ぎエース」

■スポーツカルチャー事業

レンタルスペース「秦体育館」運営 高知市秦南町1-5-51

ジールワークアウトジム(スポーツ教室)

■クリエイティブ部門

広告宣伝・制作全般

主な取引先(敬称略)

高知県 高知市 四国銀行 JAサンシャインチェーン フジグラン 

SFA Japan(SFAポンプ正規取扱店・指定修理店) LIXIL TOTO JENIS マエザワ フジクリーン 他

取引銀行 四国銀行