浄化槽の施工手順

①事前準備

施主様立ち合いのもと状況調査を行い(設置場所や配管経路の状況や放流先など)調査結果をもとに工事の準備を行います。 ※不明な点は確認し、納得のいく計画となるようにいたしますので、何でもご相談ださい!


②掘削工事

掘削を行い、浄化槽設置に必要な空間を確保する。バックホー等の機械による掘削が一般的。必要に応じて地盤の補強工事を実施。

 


③基礎工事

基礎工事として割栗石地業、目潰し砂利地業、捨てコンクリートなどを行い、必要に応じて地盤の補強工事を実施。


④底版コンクリート工事

底版コンクリートの打設を行い、必要に応じて補強柱や補強フレームなど補強及び耐荷重工事を実施。


⑤据え付け

内部機器類の点検等とともに据え付け、配管接続。


⑥水張り

埋め戻し作業による浄化槽の安定、変形防止、漏水確認等のための水張り。


⑦埋め戻し工事

水締め、突き固め等を行い埋め戻す。


⑧スラブコンクリート工事

雨水侵入防止、また維持管理作業を容易にするため上部にコンクリートを打設。


⑨試運転

試運転は流入流出確認、ブロアが正常に働いていることの確認。


⑩引き渡し

竣工検査を受け、設置届を提出します。工事開始から終了までおよそ1週間程度かかります。その間の仮設トイレの準備もいたします。