トップ > 太陽光発電
太陽光発電買取価格

太陽光発電の仕組み

屋根に設置された太陽電池パネルに太陽光が当たると発電します。

この電気は直流電力の為、家庭で使用できる交流電力にパワーコンディショナを使って変換し、家庭内のさまざまな家電製品に電気を供給します。

パワーコンディショナから家庭の分電盤に接続し、発電電力が消費電力を上回った場合は、余剰電力として電力会社へ送電して電気を買い取ってもらうことができます。

また、夜間など発電できない時は必要分のみを電力会社から購入して自動的に使い分けるので、光熱費を節約することができます。

しかも、ソーラー発電モニタを利用すると、発電や消費電力の様子など節約効果を目で確かめることが出来るので、暮らしの中で自然と省エネを意識することにつながります。

発電イメージ

太陽電池(ソーラーパネル)の仕組み

太陽光発電システムの中心になっているのが太陽電池です。

太陽電池は、電気的な性質の異なったp型とn型と呼ばれる半導体物質を張り合わせた薄い板型の構造で、ソーラーパネルとも呼ばれています。

下の図のように、p型とn型を接合したシリコン半導体に太陽光が当たると、電子(-)と正孔(+)が発生して、-の電気はn型シリコンへ、+の電気はp型シリコンに引き寄せられ、電極に電圧が生まれます。

太陽電池モジュールで作られた電気は、パワーコンディショナによって家庭で利用できる電気に変換され、さまざまな家電製品に使用されます。

太陽電池の仕組み

単結晶シリコンと多結晶シリコン

固体のシリコンを溶かし、冷やして固めたものが結晶シリコンです。

固める方法により、1つの大きな結晶からなる「単結晶」(氷砂糖の状態)と、多数の小さな結晶からなる「多結晶」(角砂糖の状態)に分かれます。
多結晶は単結晶に比べ製造コストが安い反面、結晶と結晶の境目で抵抗が発生するために、発電効率では若干ながら劣り ます。
また単結晶は、小さいセルを作る場合、カットすると出力のばらつきが多くなりますが、多結晶なら安定した製品が製造できます。
最近では変換効率の向上によって、比較的安価な多結晶が主流です。

単結晶

単結晶シリコン太陽電池

太陽電池の中では最も古くから利用されているタイプの太陽電池です。
価格面では、多結晶シリコン型太陽電池よりも高いですが、面積あたりの発電効率は多結晶シリコンよりも効率的なので、屋根がせまく多結晶シリコン太陽電池では十分なシステム量が確保できない場合などに最適です。

多結晶

多結晶シリコン太陽電池

結晶の粒が小さなシリコンを使った太陽電池です。
単結晶シリコン太陽電池と比較して、面積あたりの発電効率は落ちますが、その分価格が安いという特徴があります。
また、製造にかかるエネルギー量も少なくて済むため、近年製造量が増加しています。

お客様の声PLUS 施工ブログ
施工例
ピックアップ
ピックアップ
ピックアップ
ピックアップ

since 2012-02-20 / Copyright 2011 Shikoku Jokan. All Rights Reserved.    プライバシーポリシー