トップ > バウハウスについて

バウハウスとは、ドイツ・ヴァイマルに設立された、工芸・写真・デザインなどを含む美術と建築に関する総合的な教育を行った造形芸術学校の名前です。
1919年に開校され、ナチスによって1933年に閉校されました。つまり、わずか14年間しか存続しなかったが、講師達のアメリカなどへの亡命や卒業生の各地での活動により、教育システムやデザイン思想が世界へと伝播し発展。
現代におけるまでモダニズム建築に大きな影響を与えたと言われています。

初代校長で建築家のW・グロピウスは、「生活機能の総合場である『建築』のもと、彫刻・絵画・工芸などの諸芸術と職人的手工作など一切の造形活動を結集して、芸術と技術の再統一を図る」という教育理念のもと、新しい教育システムを実施しました。

四国浄管・住宅設備事業部は、この伝説的な学校・バウハウスにあやかり、丈夫で機能性に優れ、それでいて美しい商品を提案していくという意味を込め、2012年4月、四国浄管グループ・バウハウスへと改名しました。

デッサウ校

市立バウハウス・デッサウ校

バウハウスのロゴマークの由来

バウハウスのシンボルマークになっているこの不思議な三角形は、1950年代にイギリスの数学者、宇宙物理学・論理物理学者ロジャー・ペンローズが、不可能性の最も純粋な形として考案した『不可能図形・ペンローズの三角形』です。
これはトリックアート、だまし絵、錯視図形などと呼ばれる不思議な図形で、芸術家マウリッツ・エッシャーが不可能図形を多く扱い、その発想の一部となりました。

リサイクルマークの元にもなっているこの不可能図形 『ペンローズの三角形』 を、バウハウスのロゴマークとして採用。バウハウスが掲げるエコ事業を表現しました。

リサイクルマーク

そしてなんと!この不思議なペンローズの三角形、錯視を利用すれば立体化が可能なんです!ご家庭でも作って遊べるよう、ペーパークラフトにしてみましたので、下記リンクから展開図をプリントし、この不思議なペーパークラフトを完成させてみてください。

ペーパークラフト

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe®Readerプラグインが必要です。

adobe reader
お客様の声PLUS 施工ブログ
施工例
ピックアップ
ピックアップ
ピックアップ
ピックアップ

since 2012-02-20 / Copyright 2011 Shikoku Jokan. All Rights Reserved.    プライバシーポリシー